胃がんの人

24歳で胃がん発覚(ステージ2B)。現在25歳。闘病というほど大したものではないただの日記です。

胃がんの入院期間は1週間程度?

 

今年6月終わりから約1週間程度、胃がん切除のための手術入院をしていました。

 

最初は「2週間程度の入院」と言われていたのですが、まだ若いし回復も早いとのことで約1週間で退院

(しかし近所の癌だったおじいちゃんも1週間程度で退院できたと言っていたので、長めに見積もっての2週間なのかなと思います)

 

ちゃんとした入院というのはほぼ初めてで、ある意味少しワクワクしていたのですがやっぱり入院してみるときつい。

 

 

まず、手術後1週間近く風呂に入れないということ。

いくら看護師さんや同じ入院患者さんといえども1週間風呂に入らないでいる姿を晒すというのは精神的にこたえました。

しかも6~7月の暑い時期、タオルで拭いてはもらえますが、もはやそれすら申し訳なく地獄です。

 

 

次に食事。

手術後、最初に出てきたのは重湯でした。

胃が弱っているのでこれを30分かけてゆっくり食べて下さいとのこと。

普段なら5秒で終わるんじゃないかという量を30分というのは、もともと早食いだった私にとってちょっとした試練です。

病院食自体はめちゃくちゃ美味しかったのですが、冷えた重湯をちびちび食べるのはなかなかつらかった。

 

 

そして最後に同室の老人

手術後、私が4人部屋に移ったばかりの頃はとてもしっかりしていた同室のおじいさん。

 

しかし日に日に声が弱々しくなっていき、深夜に意味不明な独り言を言うように…。

そんなある夜、寝ていたおじいさんは目を覚ますなり部屋の電気をつけ、駆けつけた看護師さんにこう言いました。

 

「ここのベッドで寝てる人起こして」

 

私はカーテンで仕切っていたため声だけしか聞こえず…、でも私のことではなさそう。

めんどくさいじいさんだなーと思っていると

 

「ん?このベッドには誰もいませんよ」

と看護師さん。

 

 

この時点でも結構怖かったのですが、極めつけでおじいさんの一言。

 

 

「あれ、子供たちは?」

 

 

 

私は運良く次の日退院。

おじいさんがどうなったかは知りませんが寝ぼけてただけであってほしいなあ。

ホラー系のコピペみたいになっちゃいましたが本当にありました。怖かった。

 

 


にほんブログ村

よければクリックお願いします。

 

関連記事

※入院中地味に嫌だったこと

igannno.hatenablog.com