読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胃がんの人

24歳で胃がん発覚(ステージ2B)。現在25歳。闘病というほど大したものではないただの日記です。

ヴィジュアル系の魅力

ビジュアル系ネタ

スポンサーリンク

 

今からちょうど10年前、当時中学3年生の私はヴィジュアル系にハマりだしました。

 

どこかで見た「アンカフェ」という単語を、それが何かも分からず検索したのが始まりで、そこから3年間はどっぷりとヴィジュアル系の世界にのめり込んでいたと思います。

(ちなみにアンカフェとはアンティックカフェというV系バンドです)

 

当時流行っていたネオヴィジュアル系に始まり、その親みたいな00年代前後のバンド、90年代ブームだったバンド達、元祖の80年代ハードロックやゴシックロック。

探り出したらキリがなくとにかくいろいろ聴きあさりました。

 

現在はそもそも音楽自体以前ほど聞かず、たまーに聴いても別ジャンルがほとんどですが、昔を思い出してヴィジュアル系を聴いてしまう時期というのが定期的にきます。

自分より年下の若者が大活躍しているジャンルなので、精神的に長時間聴くことはできないですがやっぱりとっても魅力的なヴィジュアル系

今回そのヴィジュアル系の「魅力」3つあくまで個人的な感想として書いていきたいと思います。

 

 

その1 おきまり

 

 

いかにもそれっぽい単語の「十字架」「薔薇」「堕天使」…やナルシスト的な振る舞い等。

上記のようなあからさまな単語が出てくることは実際そこまで多くはないですがヴィジュアル系とは」という大まかなフォーマットがあるので、それに嫌悪感がなければほとんどのバンドを安心して聴くことができます。

逆にその中でほかとの差別化をしないといけないのでそれを探すのが醍醐味だったり。

そして、好きな人からすれば魅力的な「おきまり」もあまり知らない人に対してはそれがギャグになってしまう振れ幅も面白いです。

 

 

その2 あからさまな単語でもかっこよく聞こえる

 

 

それこそ「十字架」とか「造花のバラ」等、普通のロックバンドが使ったら鳥肌必須の単語でもヴィジュアル系ならさも自然に聞こえてしまいます。

日本語でキザな単語というのはわりかしリズムに乗りにくく、歌詞にも入れづらいのに、それをいかにも自然に、かっこよく組み込めるヴィジュアル系はすごいです。

 

 

その3 純粋に見た目がかっこいい

 

 

(あくまで個人的な感想です)海外のバンドと並べて見たときに、アジア人としてルックスの雰囲気で劣ってないというのは相当すごいと思います。

普通の日本のロックバンドだと、ブックオフでよく見かけそうな酸っぱい顔したお兄さんが子供みたいに甲高い声で歌いだし、ミスマッチ感で「うわあ…」と思ってしまうことがたまにあります(もちろんそう感じないこともたくさんあります)が、ヴィジュアル系の場合は仮に子供っぽい声で歌いだしても「中性的」に聞こえたり、逆にハード路線でも「いかにもロックっぽい」印象に持っていける、あのルックスの力はすごいです。

 

 

以上が私の感じたヴィジュアル系の魅力です。

全てに共通しているのは普通だったらありえないことでもヴィジュアル系というジャンルにかかれば正当化されてしまうということでしょうか。

 

ゴールデンボンバー以降はあまり目立った名前も聞かなくなってしまったヴィジュアル系ですが、最近のバンドも探してみると面白い発見があるかもしれませんね。

 

 

最後に、私が中3当時大好きだったバンドを3つ紹介しようと思います。

有名どころなので好きな人なら説明不要でしょう。

 

アンティック珈琲店(アンティックカフェ)

私がヴィジュアル系と認識して聴いた一番最初のバンド。

わりとカジュアルめな格好からお洒落系(実はヴィジュアル系の中にも細かいジャンルがある)として当時大人気でした。

とにかく可愛いメンバーの中でも女の子にしか見えないギターの坊(2007年に脱退)のインパクトは相当強かったです。

An Cafe Bonds~kizuna~ [PV] - YouTube

 

アリス九號.(アリスナイン)

当時2ちゃんの「ヴィジュアル系美形バンドランキング」みたいなスレでガクト率いるマリスミゼルロマンスで有名なペニシリンと並んで上位にランク付けされたイケメンバンド。

いつのまにかバンド名がA9になっていて時の流れを実感しました。

アリス九號Alice Nine-Gin no Tsuki Kurio Hoshi[PV]|銀の月黒い星; Silver Moon Black Star| - YouTube

 

蜉蝣(かげろう)

上二つとは少し雰囲気が違って内向的な雰囲気が強く漂うバンド。

過激な歌詞も多く、コミュ障の私は当時は神のように崇拝するほど好きでした。

尚、ヴォーカルの大佑さんは2010年に死去。

蜉蝣 アイドル狂いの心裏学.mp4 - YouTube

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

よければクリックお願いします。

 

 

※関連記事 ビジュアル系のかっこいい髪型5選

igannno.hatenablog.com