読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胃がんの人

24歳で胃がん発覚(ステージ2B)。現在25歳。闘病というほど大したものではないただの日記です。

3月3日は『裸押し合い祭り』 新潟県南魚沼市浦佐へ行かないと!

スポンサーリンク

 唐突な地元PRです。

www.youtube.com

Psychedelic Bishamon(サンヨ節)/mako

 

裸押し合い祭りの見どころ

毎年3月3日に新潟県南魚沼市浦佐にて『裸押し合い祭り(裸押合大祭)』というお祭りが開催されます。

 

まだまだ寒い3月の南魚沼。

「サンヨー!サンヨ!」という掛け声とともに、裸(上裸)の男たちが約30kgの巨大なロウソクを抱え、冷たい水に浸かったり、町を徘徊したりする不思議なお祭り。

 

日本三大奇祭のひとつに認定されているらしいですが、調べたところ日本三大奇祭と謳っている祭りは全国各地に3つと言わず腐るほどあるみたい^^

 

(ちなみに私調べでは『ヤマザキ春のパン祭り』も日本三大奇祭のひとつでした^_^)

 

f:id:igannnomako:20170218184015p:plain

 

そんな怪しい肩書きの裸押し合い祭り。 

ですが、アツさとお祭りの楽しさは確かです。

 

ちなみに上裸で水に飛び込んだりする奇行は、男性のみですが一般参加もできます。

 詳しくは専門サイトにてご確認ください。

 

裸押合大祭

 

行事的に盛り上がるのは当日夜6時半~9時前後くらいです(一般参加もそのくらいの時間)。

 

規模もそれなりに大きく、駅前から商店街にかけて毎年ずらーっと屋台が並びます。

なので行事自体に興味のない方も楽しめること間違いなし!

 

f:id:igannnomako:20170218184356p:plain

主にピンクのゾーン

大通り一面に屋台、毘沙門堂周辺で水行やいわゆる裸押し合い的な行事が行われます。

 

私の実家はモロにお祭りのド真ん中にあるので、子供の頃は毎年この日が楽しみで仕方ありませんでした。

 

家を出ればすぐに屋台がある喜び。

今でも祭りになると少し心がときめくのはそのせいかも。

 

今年も行きたいけど…病気や出費を考えると難しいかな。

行く人、もし屋台の裏にひっそり佇むお茶屋を見つけた場合は茶葉など買ってくれると、うちのおばあちゃんが喜びます(急須の置物が目印)。

 

祭りへのアクセス

場所は浦佐駅西口を出てスグ(毘沙門堂までは徒歩3~5分程度)。

なんと浦佐駅には新幹線が停まるので遠くからお越しの方も安心です。

臨時駐車場もできるので車でも大丈夫!

 

※交通規制等周辺図→裸押合い祭り実行委員会

 

動画について

代々伝わる裸押し合い祭りのイメージソング(というか民謡)である『サンヨ節』makoアレンジ。

 

映像は手持ちの毘沙門堂周辺映像を適当につなぎ合わせただけです。

数年前の11月頃に撮った映像なので、当日はこれに雪と装飾と人が相当加わります。

(お祭り当日の映像もYouTubeで検索すればたくさん出てきます。)

 

 『サンヨ節』の歌入りの原曲はこちら

 サンヨ節 ・ 新潟県浦佐 (音楽のみ) - YouTube

 

ジャパニーズソウルです。

当日に嫌というほど流れます。

 

と、いうことで

3月3日、お時間ある方は南魚沼市浦佐の『裸押し合い祭り』にぜひ足を運んでみてください。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

よければクリックお願いします。

 

 

関連記事

※古町糀製造所 ギフトに最適

igannno.hatenablog.com