胃がんの人

24歳で胃がん発覚(ステージ2B)。現在25歳。闘病というほど大したものではないただの日記です。

初めてサポステに行ってきた感想

スポンサーリンク

数日前に初めてサポステに行ってきたので、その感想を書きたいと思います。

 

【目次】

 

サポステとは

地域若者サポートステーション(愛称:「サポステ」)では、働くことに悩みを抱えている15歳~39歳までの若者に対し、キャリアコンサルタントなどによる専門的な相談、コミュニケーション訓練などによるステップアップ、協力企業への就労体験などにより、就労に向けた支援を行っています。

地域若者サポートステーションって何? |厚生労働省より抜粋

 

 

そんな場所です。

『相談するには連絡が必要』とHPに書いてあったので記載されていたメールアドレスへ連絡。

するとすぐに返信が来て

「10~17時の間でいつでも来てください

その時に説明を受けて相談の予定決めましょう」

とのことでした。

 

とりあえず早めに相談したかったので翌日、説明を聞きに行くことに。

 

翌日行く

 次の日に早速行ってきました。

到着したのが16時過ぎだったこともあり利用者は少なかったです(17時で閉館)。

というか私と入れ替わりで若い利用者が出て行って、残るは私一人だけでした。

 

受付に行き、昨日メールした旨を話すと

「担当の人がいないぞ…」と一瞬サポステ内がざわつく…。

(どうやら前日にメール返信してくれた方が担当になっていたらしい)

 

「アポ無しはダメだったのかな?でもメールでいつでも来てくれって言ったからOKなはず」

なんて思いながら待っていると、代わりの人がきて説明してくれることになりました。

とくに問題なかったみたい。たぶん

 

説明を受ける

まずサポステのカリキュラムや方針の説明を受け、その後、簡易的な経歴書みたいなものを記入

(資格とか書く欄もあったので履歴書持って行っていたら書きやすいだろうなーと思いました。

私は持って行っていなかったので適当にwordとかExcelとか名称だけ記入。)

そして軽い聞き取り(どういう目的で来たのか的な)があり、次回の予定決め

基本はサポステ内でのイベント(訓練や診断テスト)に合わせた予定決めみたいです。

 

ちなみに、メンタル弱めの若者を相手にしているだけあって、今回私に説明してくれた方はだいぶ優しく、気を使ってくれる印象でした。

胃がんの心配もめちゃくちゃしてもらい、「無料でここまでされるのは怖いなー」というレベルでとにかく優しかったです

 

そして終了

時間は40~50分くらいかかりました。

f:id:igannnomako:20170318034800p:plain

 

感想

行く前に想像していたサポステのイメージは

『相談→仕事紹介→どれに応募する?→じゃあ後はご自由に』

だったのですが、実際は

『じっくり話を聞いて、訓練ワークショップ的なものを体験して診断テスト受けて見学に行って…』

かなりゆったりな印象でした。

 

特に最初はサポステ内でのイベント(訓練や診断テスト)に合わせた予定決めだったので、私も次回の予約は1週間後の診断テストと、そこそこ間が開きました。

その代わり相談にも時間をかけてくれたりするので安心して探せそう。

 

もちろん利用者の体調によって進行にかなり差がありそうな感じでしたが、急いでるならハロワとか別の機関のほうが圧倒的にいいでしょう。

 

とりあえずの総括としては説明してくれた人は怖いくらい優しくてありがたかったです。

 また、次回以降発見があれば書いていきたいと思います。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

 よければクリックお願いします。

 

 

関連記事

※適正診断受けてきた

igannno.hatenablog.com