胃がんの人

24歳で胃がん発覚(ステージ2B)。現在25歳。闘病というほど大したものではないただの日記です。

サポステでGATB適正診断を受けてきた&結果

スポンサーリンク

週1くらいのペースでサポステに通っています。

(※サポステとは→初めてサポステに行ってきた感想)

 

21日に一般職業適性検査(GATB)というテスト的なもの受け

29日に結果報告も含めて相談に行ってきました。

 

【目次】

 

一般職業適性検査(GATB)とは

適応性の能力を調べる簡単なテストです 

 

ちなみにそのテストの内容というのが

f:id:igannnomako:20170330173437p:plain

 

こんな感じの図の

○の中に素早く点を打っていきなさい

 

とか 

 

f:id:igannnomako:20170330173456p:plain

 

上の図形と同じ形の図形をA~Cから選びなさい 

 

とか…そんな問題。

 他には単純な計算問題や文字の間違い探し等がありました。

 

結果によって、自分の得意、不得意な傾向を割り出し、それに合った業種を探すという検査です。

 

 

結果

採点してみたところ、私はどれも軒並み低めな結果でしたが、その中では

 

数理(計算能力)、空間(図形から実物をイメージする能力)、言語(文章理解力)あたりが優れており、

共応(迅速で正確な動作を行うコントロール力)がとっにかく低めでした。

 

共応に関しては低めと言うより点数にならないほど下でした。

 

相談員さんの言うところによると、

スピードよりも正確さを重視して問題を解こうとすると共応が低くなるとのこと。

確かに全体を通して、手をつけた問題数は少なめでしたが正解率は高かったです。

 

実際に私は昔から

「丁寧だけどもう少しスピード上げようか」

的なことを言われ続けていたので今回の診断もわりと納得の結果でした。

 

ゆっくりやっているという自覚はないけど、どの程度のミスなら許されるのか全くわからないから慎重になっちゃうんだよなあ。

自分のもの作ったりするのなら適当にパパッとできることもあるけど。

 

 

相談 

そんなわけで、診断結果も踏まえて相談してみたのですが

サポステ自体では職業斡旋等はやっていなく、コミュニケーションスキルアップのためのグループワークや職業講話、面接訓練など、長期的な就労訓練がメインとのことだったので、一応今後もサポステでの相談は継続するものの、ひとまず連携している同じ建物内のハロワに移動。

説明を受けた後、そっちで探すことになりました。

 

 

感想

こういう機関が無料で使えるのはすごいなあと思います。

間接的にはお金払っているんでしょうが、サポステという職業上、とにかく優しく接したり褒めたりしてくれるので、ありがたい反面、変に勘ぐってしまうところも多々ありますね^^;

まあそれは自分の問題なのでどうでもいいとして、とにかく行きやすい環境にしてくれているのはすごく感じました。

 

もはや誰宛に書いているのかわからないブログになってきましたが「弱ってしまっているけどなんとかしたい」と思っている若者はぜひぜひサポステも検討してみることをオススメします。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

よければクリックお願いします。

 

 

関連記事

igannno.hatenablog.com

広告を非表示にする