胃がんの人

24歳で胃がん発覚(ステージ2B)。現在25歳。闘病というほど大したものではないただの日記です。

サポステのストレスマネジメント講座に行ってきた

特別興味があったわけではなかったのですが、療養期間に何かしとかないとと思い

昨日、サポステの『ストレスマネジメント』セミナーに行ってきました。

 

ちなみにサポステでは定期的に各種セミナーが開催されており、コースや好みに応じて自分で選んで参加できます。

 

私は今回サポステセミナーの参加が初めてだったので、その感想を紹介しようと思います。

※念のため、若干情報をぼかしています。

 

 

 

ストレスマネジメントセミナーとは

 

生活するうえで、ストレスとの上手な付き合い方を考えたり、理解を深めていくことを目的としたセミナー。

臨床心理士の相談員さんが講師となって話をしてくれ、参加者は簡単な意見を発表したりします。

f:id:igannnomako:20170602094829j:plain

 

参加者

 

約10人で男女半々くらいの比率。

年齢はほぼ20代で30代らしき方も数名。

 

今回に関して言えば、講師も含め皆さんとても優しそうな方でした^^

ただ場所的に『悪意なく変な人(もしくは自分と合わない人)』がいる場合も恐らくあります。

そういう人とは事前に物理的な距離をとっておけば問題ないと思います^^

 

内容&雰囲気

 

ストレスとは?という説明から始まり、自分がストレスだと思うことや心の状態など(話せる範囲で)の発表。

リラックスしやすい呼吸法…等の説明。

 

休憩をはさんで約2時間程度の講座でした。

 2時間といってもあまり難しいことを考えたり退屈したりする時間は少ないので、わりとサラッと終わります

学校の授業のように「あと10分我慢すれば終わるぞー」みないな気持ちになることは多分ないです。

 

意見発表も何回かありますが、全員順番に聞いていくので言葉を発する時間自体は短いし

「どうしてもいう場合は発表しなくてもいい」とのことなので極限まで喋りたくない人もきっと大丈夫なんじゃないかなーという感じ。

逆に、サポステという場所柄、パーソナル的な細かいことはほぼ聞かれないので、自ら進んで言わない限り自分に合った回答を貰いづらく、「実は俺、それは知ってるんだ…!」ということも言いづらい雰囲気ではあるので、モヤっとしてしまう場面もあるかと思います。

 

感想

 

 正直、ストレス系のセミナーって

「それができるような人間ならストレス溜まってません」

「それで解消されるようなストレスならそもそも最初から悩みません」

みたいな、特に意味のない解決法をたくさん教えてもらえるイメージだったのですが

今回はその前段階の『ストレスとは何か?』『自分が何をストレスだと思うのか』

の発表に時間が多く取られていた印象でした。

 

そもそも無感情モードだったこともあり、個人的には特に勉強になった気はしませんでしたが、人によっては対処法を見つける糸口にはなりそうな気もします。

 

今回は講師も参加者も優しそうな人ばかりだったので、どちらかというとストレス云々よりもグループワークが苦手な方の訓練に向いてるんだろうなあという感じのセミナーでした。

 

結論

 サポステは優しそう。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

よければクリックお願いします。