読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胃がんの人

24歳で胃がん発覚(ステージ2B)。現在25歳。闘病というほど大したものではないただの日記です。

NKS‐1今月の副作用&早食いやめないと!

胃がん関連 雑記・日記

最近、とある趣味の購入と動画投稿を始めました。

見る人もやる人も少ないジャンルですが、思ったより早く反応が貰えて嬉しかったので続けていく予定。

(当ブログと全くの無関係&恥ずかしいのでジャンルは非公開とさせてもらいます^^;) 

 

 

話は変わりまして

胃がんブログらしく今月のNKS‐1副作用の話。

 (※私は抗がん剤NKS‐1を4週服用して2週間休みのスパンで飲み続けています)

 

現在、服用開始から約8ヶ月。

今クールでは4週目に突入し、いつもどおり食後のダルさ&それに伴った眠気

ですが今回は少し副作用強めな感じがします。

 

原因かどうかはわかりませんが、自分でも1つ反省点があり、ブログを始めた頃にちょろっと書いていた『早食い』が復活してしまいました…。

 

f:id:igannnomako:20170321205245j:plain

 

ひとり暮らしで自炊してると特に

「できたてなのだから冷める前に食べきりたい!」

っていう気持ちが強くなってしまいますね。

 

あと、食事中って『食べる』以外にすることがないので、なんだかわずらわしく感じて早く終わらせようとしてしまいます。

普段からせっかちなタイプでもないくせに食事の時だけ何故?と思ってしまいますが^^;

 2品3品あっても、気が付くと3分くらいで食べ終わっていたり…。

 

 

とりあえず、なるべく10分を目標にゆっくり食べれるよう頑張ります!

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

よければクリックお願いします。

初めてサポステに行ってきた感想

コミュ障問題 胃がん関連 雑記・日記

数日前に初めてサポステに行ってきたので、その感想を書きたいと思います。

 

サポステとは

地域若者サポートステーション(愛称:「サポステ」)では、働くことに悩みを抱えている15歳~39歳までの若者に対し、キャリアコンサルタントなどによる専門的な相談、コミュニケーション訓練などによるステップアップ、協力企業への就労体験などにより、就労に向けた支援を行っています。

地域若者サポートステーションって何? |厚生労働省より抜粋

 

 

そんな場所です。

『相談するには連絡が必要』とHPに書いてあったので記載されていたメールアドレスへ連絡。

するとすぐに返信が来て

「10~17時の間でいつでも来てください

その時に説明を受けて相談の予定決めましょう」

とのことでした。

 

とりあえず早めに相談したかったので翌日、説明を聞きに行くことに。

 

翌日行く

 次の日に早速行ってきました。

到着したのが16時過ぎだったこともあり利用者は少なかったです(17時で閉館)。

というか私と入れ替わりで若い利用者が出て行って、残るは私一人だけでした。

 

受付に行き、昨日メールした旨を話すと

「担当の人がいないぞ…」と一瞬サポステ内がざわつく…。

(どうやら前日にメール返信してくれた方が担当になっていたらしい)

 

「アポ無しはダメだったのかな?でもメールでいつでも来てくれって言ったからOKなはず」

なんて思いながら待っていると、代わりの人がきて説明してくれることになりました。

とくに問題なかったみたい。たぶん

 

説明を受ける

まずサポステのカリキュラムや方針の説明を受け、その後、簡易的な経歴書みたいなものを記入

(資格とか書く欄もあったので履歴書持って行っていたら書きやすいだろうなーと思いました。

私は持って行っていなかったので適当にwordとかExcelとか名称だけ記入。)

そして軽い聞き取り(どういう目的で来たのか的な)があり、次回の予定決め

基本はサポステ内でのイベント(訓練や診断テスト)に合わせた予定決めみたいです。

 

ちなみに、メンタル弱めの若者を相手にしているだけあって、今回私に説明してくれた方はだいぶ優しく、気を使ってくれる印象でした。

胃がんの心配もめちゃくちゃしてもらい、「無料でここまでされるのは怖いなー」というレベルでとにかく優しかったです

 

そして終了

時間は40~50分くらいかかりました。

f:id:igannnomako:20170318034800p:plain

 

感想

行く前に想像していたサポステのイメージは

『相談→仕事紹介→どれに応募する?→じゃあ後はご自由に』

だったのですが、実際は

『じっくり話を聞いて、訓練ワークショップ的なものを体験して診断テスト受けて見学に行って…』

かなりゆったりな印象でした。

 

特に最初はサポステ内でのイベント(訓練や診断テスト)に合わせた予定決めだったので、私も次回の予約は1週間後の診断テストと、そこそこ間が開きました。

その代わり相談にも時間をかけてくれたりするので安心して探せそう。

 

もちろん利用者の体調によって進行にかなり差がありそうな感じでしたが、急いでるならハロワとか別の機関のほうが圧倒的にいいでしょう。

 

とりあえずの総括としては説明してくれた人は怖いくらい優しくてありがたかったです。

 また、次回以降発見があれば書いていきたいと思います。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

 よければクリックお願いします。

実はバイトを辞めていた&サポステに連絡をしてみた

胃がん関連 コミュ障問題 雑記・日記

12月の過去記事でリハビリバイトを始めたと報告しましたが、

実は今年1月の終わり頃に辞めてました

(その時応援してくれた方、すいません)

 

 

ちなみに辞めた理由というのが、その時期流行っていた『恵方巻きノルマ(自爆営業)』。

 

 その日、勤務が終わり帰ろうとしたところ、ベテランバイトの先輩に呼び止められまして

 

ベテラン「mako恵方巻き買った?」

 

私「買ってないですよ」

 

ベテラン「ダメだよ買わないと」

 

私「いや、でもいらないのでいいです」

 

ベテラン「mako恵方巻き売上あげてないでしょ?買わないと」

 

私「はい、でも私はいらないんで」

 

ベテラン「みんな買ってるんだから買わないとダメだよ」

 

私「いや、でも私はいらないので」

 (略)

じゃあ店長に聞いてきてみ?ということで確認したところ

 

店長いわく

「面接の時に確認もしているんで、買ってほしい」

とのこと。

 

確かに面接時にそれっぽい確認はあった。

しかしそれは「販促に協力はしてもらうけど、ノルマは無いです」だったはず。

 

それが実際は

「買取強要の圧力はかけるけど、ノルマは課せてないってことにしてるよ」

ということだったらしい。

 

『なぜコンビニバイトごときでそんな上からこられなきゃいけないんだ(ピキピキ)』

 私「そうですか、わかりました」

f:id:igannnomako:20170313160935p:plain

そんなわけでそのまま荷物をまとめて消えました。

 

 

悪いことではあれど、その時、もし買ってしまっていた場合の出費なんて千数百円でしかないです。

先のことを考えればそのまま買い取って過ごす方がよっっっぽど賢明な選択だったとは思いますが無理でした。

(そもそもコンビニバイトという時点で…というツッコミはご遠慮下さい^^)

 

この件に関して

正直、胃がんや買取ノルマ云々と言うより、自分自身に何か別の問題があるような気がしてなりません。

それを解決していきたい気持ちもありますが、まずは何より働かねば…。

 

 

ということで、人から勧められサポートステーション(通称サポステ)なる、いわゆる就労支援機関的なものがあるということを知り、早速近場のサポステへ連絡を入れてみました。

 

 

サポステでの内容はまた次回、いや、機会があれば報告したいと思います。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

よければクリックお願いします。

 

 

関連記事

※初サポステ

igannno.hatenablog.com